サディストとサド心理(サディズム)

淫虐や加虐行為を加える事で性的興奮を感じる攻撃的な性癖

サド心理

サド・サディズムとは

 サド(正式には、sadism)は、元来フランスのマルキ・ド・サド侯が女性たちに様々な性的淫虐を与えた事を快しとした事実に基づいてクラフト・エービングが名づけたものです。

 マゾヒズムでは自己の自由を放棄し絶対者に帰依する事で大いなる安息を求める深層心理を記しましたが、サディズムは逆で大いなる安息や歓びを得るために「征服」や「支配」を求めます。

 また、マゾヒズムの部分にも記しましたが、動物には、生きて現在の状態を永続的に保存しようとする本能と、相反して自己を解体して死(絶対的安息)を求める本能があると言われています。 フロイト風に言えば死の欲動(タナトス)になりますが、その欲動が外部に向けられたのがサディズムの根源と言われ、自己に向いたものがマゾヒズムと言われています。 元々の根源が同じであるから、当然サディズムとマゾヒズムの両方を持っている人もあれば、ある時点でマゾからサドへ、サドからマゾへ変化する事もありえます。

猟奇的性犯罪の根源

 動物的本能として男性は攻撃的本能が強くサディズムの傾向が強く現れ、女性は生物学、社会学的にも受動的な局面が強いためかマゾヒズムに陥る傾向が強いように思います。  私自身も少年時からサディズムを自覚している一人です。

 何人もの女性を襲い乱暴した末、乳房や性器をえぐるなどの猟奇殺人は昔から繰り返されていますが、これは本人の過去の心因や周囲の環境や社会的な要因などにもよりますがサディズムが極度に発達し暴走した結果です。

 マゾヒズムも同じですがサディストの嗜好は、誰も同じというわけではありません。

 私の場合小学生の時に近所の河原で見た、SM写真集に衝撃を受けそれ以来心の中で発酵し変化し一生拭いされない、蟠りとして今も続いています。 その写真は今も目に焼きついていますが、魅力的な巨乳の女性が麻縄で縛られ片足を吊られ苦悶の表情を浮かべたものでした。

 麻縄で縛られ迫り出したバストは鈍い艶を放ちうっすら汗の露が光っていました。 当時、有名な日活のSM女優の谷ナオミさんだと後になって知りましたが、今でも谷ナオミさん的な釣鐘型やロケット型のいわゆる巨乳、美乳の女性には何物にも代えがたい強い興奮を覚え、緊縛してみたい、その美しい乳房や乳首を責めてみたいという衝動が走ります。

 恥ずかしい話ですが当時の私は、なぜかパンストをこよなく愛するパンストフェチでもあり、姉のパンストを密かに履いては鏡を見て悦ぶような、どちらかと言うと自己愛と視姦が合わさった様なマゾ的傾向を持っていたと記憶しています。
 しかし、この時目に焼き付いた縛りや責めの魅力は強く心に刻まれ、知らず知らずのうちにマゾ的傾向はすっかり消えてしまいました。

 私自身は今もSMの中で、子どもの頃に心に焼き付いたその情景を求めているのかも知れません。 自身が調教を行う場合でも、相手のM女が最も被虐的に美しく映る責めを行いたいという心理が強く働き、その調教の中で会心と思えるM女が快楽に堕ちてく姿を非常に好みます。

 拘束され身動きができない中で、あるM女は羞恥、あるM女は苦痛、あるM女はアナルやエネマ…私の調教によりM女の身体が強制的に開かれていき、やがて快楽が理性や自制心、羞恥心を飲み込み、絶叫と共に絶頂がM女の全身を駆け巡り、汗と体液、痙攣の中で果てて行く…そのプロセスの中で情景を求めていて、SMや調教行為は目的ではなく手段でしかありません。

 ある意味、画家やカメラマンの感覚に近いサディストなのかも知れません。 もちろんサディストですから、縄師やカメラマンとは異なりその先にある悦びも享受する事を求めてしまいますが・・・。

 ネットの利用は広がり、SMも身近になる中で色々な嗜好のサディストがいます。

 特にSMパートナーとしてのS男性を探されているM女の方は、ご自身のマゾヒズムやSM嗜好と、相手のサディストの嗜好とSMに求めるものが相互補完関係になるような場合は、相性が良く良いパートナーとなりますが、求めるものが異なる場合は、双方にとってSMや調教行為の中で妥協を求められる事になるか、良くあるのはS男性側に一方的合わせるだけの関係となり、M女性にとっては苦痛の関係になっていきますので、自身の嗜好と相手の嗜好を良く理解した上で主従関係を築くというのはSMにおいては非常に重要な事になります。

男性と女性のサディズム

 TVの時代劇などでもくノ一(女忍者)が捕らえられ縄で緊縛され吊られ、責められたり、水責めされる様なシーンを見て密かに股間を硬くしているサディスティックな男性、逆に責められているくノ一を自分に置き換えて見ているマゾ性を持つ女性は実際に多いと思います。

 サディズムの資質で言えば、女性より社会的な攻撃性が要求される男性の方が比率としては高いと思いますが、社会的、経済的に高い地位を得たケースの場合は、逆に男性は強いマゾ傾向に、女性は、強いサドの傾向を示すケースが多く、男性のように射精というはっきりしたゴールが無く、心的な達成感や絶頂感を得るまで責めも続きエスカレートするため冷淡でサディズムも強いように感じます。

 今ではSMという行為も市民権を得てTVだけではなく、写真雑誌、コミック、映画などなどサディズム・マゾヒズムを刺激する、されるものは巷に氾濫しています。

 サディズムはフェチやスカトロなど他の異常なこだわりや強い興奮と結びつき色々な形態でさらに爆発します。  サディズムは、外部に対する加虐淫虐行為が中心であり犯罪と結びつきやすい傾向にあります。

 いずれにしても知らない他人を対象に行為を働けば即犯罪となりますし、マゾ的資質がない奥さんや恋人などへ同意もなしにサディスティックな行為を行えば相手の肉体は基より精神的にも傷つける事になり破局を迎える事になります。

 私自身も少年期に自覚したサディズムをいまだに引きずっているというより、SMの世界で何かを追い求め結局現実に今も身を投じている一人です。

 私自身の経験からも正直、心の中に発生したサディズムを完全に消し去る事は容易な事ではありません。

 サディズムの段階にもよりますが、早期のうちに勉学や研究、仕事や事業、スポーツなどの活動でサディズムを定期的に発散出来る方法を模索するか、衝動をコントロールできずに犯罪者に身を落とすか、あるいは自身を内観し自分のサディズムを客観的にコントロールする術を身に着けるしか方法しかないような気がします。

M女の願望と悩みの相談・マゾ診断【M女相談室】

「SMや緊縛への興味が頭から離れない」「自分は本当にマゾなのか確認したい」「強いマゾヒズムや被虐願望に悩んでいる」「SMに興味は強いが不安や怖さで迷っている」などSMやマゾヒズムに関する願望の告白や悩みの性と心の相談は、【M女相談室】からご相談ください。

SMの世界への扉【SM調教・緊縛体験の相談】

SMや緊縛への願望やマゾヒズムに苛まれ「縛られたい…調教されたい」想いが消えない、SMの世界へ一歩を踏み出したいM女性は【SM調教・緊縛体験希望の相談】からご相談ください。

また、私自身のSMや調教に関する考え方は、【SM調教の哲学と心得】に綴っていますので参照ください。