HOME > アブノーマルセックスや変態性欲の心理 > メンヘラと被虐願望

メンヘラとセックスや被虐願望、SMへの倒錯

メンヘラとM女願望
メンヘラとSMへの興味、ドMな自分を自覚している方へ

 SNSなどの世界でメンヘラという言葉を耳にするようになりましたが、私のサイトはSMなどの異常性欲の心理面をテーマにしている事もあるためか、SM願望やアブノーマルな性衝動の経緯をお聞きする中で背景として、過去のトラウマや心の傷などのメンタル的な問題や、うつ病、アダルトチルドレン、パニック障害などの心の病をSM願望や被虐願望の裏に抱えているというM女性の相談が少なくありません。

 元々、女性は男性と異なり生理周期に合わせてホルモンバランスの変化が大きく不安定になりがちです。 また、脳の右脳と左脳の連携性が男性より強く自分や相手の感情の変化などに非常に敏感に反応します。 不安やストレスなどを扁桃体で強く受け止めてしまうために迷ったり悩みやすい性質になっているのです。 この性質によりうつ病の男女比は1:2とされ、女性にうつ病や感情障害が多い理由です。

 そのようなメンタル的な不安定は、両親との関係性や昨今の学校での虐めの回避、育った環境などの中で自分の感情を押し殺し良い子を演じる中で自己肯定感を上手く持てずに、被虐願望やマゾヒズム、強い方は自己嫌悪や自己破壊願望に発展していきます。 いわゆるメンヘラやヤンデレと言われる女性に、「ドM」と揶揄されるようなM的資質が強い人が多いのはそのためです。

 メンヘラやアダルトチルドレン的な精神面の脆さは、寂しさや孤独感から今の自分の現状に対する不安を助長し、一時的にでもSEXだけの関係でも必要とされる達成感や安心感からSEX依存に発展し、彼女にはなれないのに何人ものセフレだったり、援助交際などで経済面、精神面の両面で依存し泥沼から抜け出せない方もいます。

 SMの支配感や束縛感などSM独特の主従関係に興味や憧れを抱く方も多く、強いマゾヒズムに転化されるケースでは、強烈なサディズムを放つ極めて自己中心的なサディストの強い支配感に羨望を覚え恋愛感情を抱いたり、自己肯定感の希薄を通り越し自己嫌悪や自己否定から自己破壊的願望に発展しマゾヒズムや被虐願望と結びつき、SMの範囲を超え凌辱的に殺されるような願望を持ったり、中には肉体改造や磔や拷問など猟奇的な処刑や行為へ渇望を抱いてしまうようなケースも見受けられます。

 また、支配や束縛をされているという心の安心感と、寂しく孤独な環境へ逆戻りする不安から関係を失う事を恐れ、辛くても苦しくても相手の要望に沿う自分を演じ続け依存を引きずってしまうケースも目立ちます。

 私自身はそうしたSMや主従関係を否定するつもりはありませんが、心の傷や心の病を持つような方の安易なSMへの倒錯は、現状からの逃避に近く決してメンタルや心の傷の解決手段にはならず後にかえって後悔を生み自分自身を責め心の状態を悪化させたり、大切な心身や若い時間を浪費する中で後の人生に取り返しのつかない後悔を残す可能性もあります。

 まずは、冷静に自分自身の心の傷や不安、その原因を考える中でご自身のアブノーマルな性衝動との関連性やマゾヒズムの嗜好性を十分に熟慮し、自分がSMを求めているのか、本当にSMが必要か、その場合は、どういうパートナーが最善なのかを慎重に考えてから行動して頂きたいと思います。

 どうしてもSMの世界や被虐を求めてしまう、SM関係や主従関係を必要とするという方は、以下のようなSMパートナーを探されると良いでしょう。

  • メンタルの不安定を理解し気長に付き合う理解のある人
  • 厳しさだけではなく必要な時に甘えさせてくれる人
  • 状態を見てメンタルが不安定な時には無理をさせない判断ができる人
  • SM関係だけではなく飴と鞭を使い分け社会的にも前向きな方向性へ導いてくれるような人

 強いSM願望やマゾヒズムを自覚し同時にコンプレックスやトラウマ、メンタルの不安、心の傷、心の病などを抱え誰にも相談できずドMな自分やSM衝動に悩んでいるという女性は、【M女のSM相談~SMの扉】からご自身の抱えている願望や悩み、心の問題や不安などの性と心の相談やSM相談を受けています。
 現在の精神的な状況や過去からの心理面や性的経緯、環境などをお聞きする中で、心の状態を十分に考慮した上で、あなたにとってどんな方向性が最善なのか、何が解決策になるのかを含め可能な範囲で真摯にアドバイスを行います。

 マゾ性の女性以外で心の問題と変態的な性衝動に悩んでいるという方は、【変態相談室】よりご相談ください。