M女と主従関係

最善なご主人様(SMパートナー)選択するために

M女が望む主従関係の形
M女とご主人様

 SM願望やマゾヒズムを自覚し、それならの覚悟を持ってSMの扉を開くことを考えているM女の多くは、自分にとっての素敵なご主人様(主従関係)を求めている人がほとんどです。

 しかし、S男性の多頭飼い嗜好や理不尽な扱いを受けるなど、自身の願望で考えてきた理想のご主人様像に近いパートナーを見つけられている方は、そんなに多くはありません。

 数回や数か月でご主人様からの連絡の頻度が減り連絡が取れなくなった、自ら耐えられなくなって連絡を絶つケースもあるでしょう。

 そういう多くのケースは、相手と自分が求めるSM関係、SM嗜好などの判断が適切ではなく、お互いに求めるものが違うパートナーと主従関係を結んでしまったケースがほとんどです。

男性と女性の性の根源の違い

 男性の浮気症は、昔からしばしば女性誌などでも取り上げられますが、SMの主従関係においてもS男性側の多頭飼いという嗜好に悩んでいるM女は少なくありません。

 まずは、男性の性の根源について考えてみましょう。

 男女、ノーマルな性、SMに限らず性衝動や性的興奮の原動力は、子孫を残す目的の生殖本能である事を理解しなければなりません。

 男性の性は、種を撒く役割になります。

 植物において蒔いた種は、地面に落ち命が芽吹いていくわけですが、人間の男性も多くの種(精子)を製造し、若ければいつで種を撒ける体制を身体は整えています。

 強い子孫を残すという目的を考えると、DNA的には下手な鉄砲数打てば当たるじゃないですが、多くの種類のDNAとの組み合わせの中で、より強いDNAを持った子孫が現れる確率が上がります。

 そのため生殖本能は多くの種を色々な土地(女性)に撒いて、その組み合わせの中から強いDNAの子孫の登場を求めるのです。

 つまり男性の性の根源を考えると、浮気性はその男性の人間性の問題や病気ではなく、より本能が求める事に近い行動をとっているという理解をしなければなりません。

 次に女性の性を考えてみましょう。

 ご存知の通り女性の生殖機能は、卵(卵子)を月に1個を受精のために準備をします。

 受精し子宮に着床したら妊娠する事になりますが、女性は10か月もの間、受精した子孫をお腹の中で育て出産に至ります。

 しかし、出産したら終わりではありません。 母乳を与え徐々に食事を食べられるようにし、大人になるまで10数年の時間を母親として育児にエネルギーを注がないといけません。

 1人の女性が複数の子供を残すのは、子孫繁栄のためのリスクヘッジの本能ですからですから、次の妊娠をする事もあるでしょう。

 女性の人生は今は80年を越えましたが、1世紀前では人生の大半を自分が産んだ子供や子孫を残すために費やされることになります。

 そうなると女性としては、適当に色々な畑で精子をばら撒くような男性では困りますから、男性を比較検討し自分と子どもだけに注力してくれる男性を求めるようになります。

 女性が男性を選択するのが慎重なのはそのためです。 それが女性の性の根源にありSMの主従関係の願望にも影響を及ぼします。

 一部の国では、まだ一夫多妻制が残っていますし、日本も江戸時代まで武家の家では、それが当たり前でした。

 現代の結婚制度で男女の番制を重んじるのは本能と反する、社会的理性と倫理道徳観念になります。

 SMパートナーに限りませんが、浮気症や多頭飼いは本当にNGと考えているなら社会的理性や倫理道徳観念が高い相手を探さなくてはいけない事になります。

 SM関係だけではなく恋愛、結婚関係においても男女性の根源の違いは認識しておくと良いでしょう。

主従関係の形

 SMの世界で主従関係を希望するM女の求める主従関係像は、大きく分けて以下の4つに分類されます。

 M女自身が、ご主人様とどんな関係性を望んでいるのか、どんなSM関係においてもリスクは必ず存在し、そのリスク面を含めて本当に自分にはSMが必要か、どんな相手を必要としているのかを熟考して頂きたいと思います。

  1. 奴隷的の主従関系
    • S男性に完全従属(服従)する奴隷という扱いの主従関係を望むM女のケース
    • いわゆる雌犬、雌豚など人間以下の扱いを望み、自らの希望はある意味放棄する覚悟と、多頭飼いや肉体改造を含めたハードな調教も覚悟する必要がある。
  2. 師弟的主従関係
    • S男性に自分を委ねる形での主従関係を望むM女のケース
    • 基本的には、ご主人様の社会性、人間性、SM技量など多くの部分に尊敬や敬愛を持つ形で成り立つ主従関係で、心身を含めて相手に自分を委ねるような正に主従関係的な関係性になる。
    • 女性としての心身を含めて主に成り得るが、相手の人間性やSM嗜好によって扱いは異なる。 SMを含めて社会的にも人間性においても経験が必要なため成熟した既婚男性である事が多く、不倫関係としての悩みや精神面を含めた依存に発展するリスクはある。
  3. 恋愛的主従関係
    • 恋愛関係への発展性を含めた主従関係を望むM女のケース
    • ご主人様は、独身であり恋人、将来の結婚相手など恋愛対象にも成りえる可能性のある主従関係。
    • 比較的年齢が若いS男性が多いためSM経験が豊富なケースは少なく(逆に経験豊富な場合は、恋愛対象としてはリスクは大きい)、セックスの中でエッセンス的なソフトSMになりがちなため本格的な調教や主従関係を望むM女には物足りない可能性が高くなる。
  4. セフレ的主従関係
    • 割り切ったSMのみの関係を望むM女のケース
    • 自分のSM嗜好や環境に合う幅広いS男性がターゲットになる。 ただし、割り切ったドライな関係性のため主従関係としては希薄になり、逢っている間だけでのご主人様ごっこ的な感覚になっていく。
    • 主従関係というよりSMのプレイパートナーという感覚に近く、それで満足できれば嗜好さえ合えば相手は見つけやすい。
SMの扉を開くなら早い方がいい?

 当サイトのM女診察室の相談で最も多い年齢層は、27歳~30歳の独身のM女、30代の出産を終え子育てが少し落ち着いた主婦になります。

 多くのM女は、既に思春期の頃にはSMに興味を持ったり、Mの自分を自覚していたケースが少なくありませんが、20代前半はSMに対する不安や迷い、恋愛経験が少ない中での背徳心などにより、Mを心の奥に秘めてやり過ごす方が多いです。

 20代半ばを過ぎるとそろそろ結婚という選択肢が見えてくる中で、自身のMやSM願望をこのまま葬り去る事に抵抗感を感じたり、育児の手が離れ女盛りの今こそ悲願だったSMの世界の扉を開きたいという思いをご相談の中で感じるケースは少なくありません。

 しかし、20代前半であれば、仮に2~3年SMに嵌っても、やり直しができる年齢的余裕はありますが、20代後半から同じ程度の期間SMに嵌ってしまうと、女性としての人生の重要な選択の時期に被ってしまい婚期を逸するリスクを抱える事になります。

 また、既に家庭を持つ方の場合は、SMに嵌ってしまったら通常のノーマルセックスの浮気より、身体に残る調教跡などからの発覚リスクは格段に高く、常に見つかったら家庭や家族を失う綱渡りを覚悟しなければなりません。

 もし強いM願望やマゾヒズムを自覚し、いつかはSMの扉を開きたいと考えているM女性の場合、SMを主に置いた人生を選択するのであればその限りではありませんが、私自身はできるだけ早い時期にSMの扉を開き、自身のM性とSMが本当に必要なのかを見極めておく事をお薦めします。

ご主人様を選ぶポイント

 自分のM資質を十分に内観もせず、当然相手のSM嗜好やサディスト的特徴を理解せず、ネットで出会って単にSとMとして話題やフィーリングが合いそうだったなのど理由で安易に主従関係を持って上手くいかないという話は良く耳にします。

 自分のマゾ的嗜好を十分理解した上で、SMに何を求めているのかを考え、上に記させて頂いた4つのうち自分がどういう主従関係を望んでいるのかを考えた上で、相手のSの経験やサディストとしてのこだわり、嗜好、理性や性格などを十分に把握し、自分とお互いが補完関係になれるようSM嗜好が合っているか、自分の生活や環境なども配慮し信頼関係を築けるのか、熟慮してお付き合いする必要があります。

 主従関係の形で書いた項番1のような奴隷形態の主従関係を望むドMな方は別ですが、M女性の後悔の少ないご主人様を選ぶ時のポイントを記しておきます。

  1. 本人のS性やSM嗜好を客観的に分析できている人
  2. 自分のM性と相手のSM嗜好やSMの世界感が近い相手
  3. 自分の快楽が相手の悦びになる補完関係を作れそうな相手
  4. プレイや行為ばかりに意識が行く人は避ける
  5. あなた自身とあなたのM性をきちんと見てくれる人
  6. 人として信頼でき社会性もきちんとしている相手

 強いマゾヒズムや被虐衝動に悩んでいる、自分のマゾの資質を確認したい、SMの扉を開き一歩を踏み出したいと真剣に考えている方は、SMの扉【M女診察室】からご相談ください。

 また、今までに相談の中で自身のマゾヒズムを真剣に考えた上でSMの扉を開く事を強く希望をされ、リアルなSMと自分のマゾ性を知る意味でも最善と判断し体験調教をお請けしたM女性で掲載の了承を頂いた方の一部の調教によるマゾ性の考察と、相談を通してSMを思い止まる決心をされたM女性ご本人の手記を調教記録【M女のカルテ】として公開しています。 あなたのマゾ資質や今後の方向性を考える参考としてください。

自分のM性に最善なSMパートナーを探しを相談したいM女性は、M女相談室からご相談ください。