アブノーマルセックスとSM心理学

SM願望や変態性癖に悩んでいる変態女性のためのアブノーマルセックスとSM心理に関するエッセイ

SM願望やアブノーマルな性癖を自覚する変態女性へ

SMやアブノーマルセックスに、多少なりとも興味や願望を抱いたいる人は、女性にもかなりの比率で存在しています。

今このページを読んでいるあなた自身も、ここまで読み進んでいるという事は、恐らくSMやアブノーマルな性への何らかの興味や願望を自覚しているはずです。

また、あなたの周りのごく普通のカップルや女性の中にも、男性の精液を飲んだことのある人や、アナルセックスの経験、露出願望を持っている女性は意外に少なくありません。

ここでは、マゾやサド、露出、エネマやスカトロ、スパンキング、フェチなどのアブノーマル性癖を自覚する女性のための知識としての性心理や、心の問題が絡んでいるメンヘラ女性になぜマゾが多いのか、M女が求めるご主人様との主従関係などの深層心理や、処女でSMの扉を開いたM女のケーススタディ、M女にとってのSMのリスクなどについてエッセイとしてまとめてみました。

少しでも自身の性癖や性嗜好を理解され、あなたの願望や変態性癖の悩みに対する手掛かりやヒントとなれば幸いです。

まずは、アブノーマルな性とはどういう事なのかから考えてみましょう。

アブノーマル・異常性欲の定義

アブノーマル(異常、変態)とは辞書などで調べると「正常ではない物。 平衡を失い常軌を逸したもの」 などと出ていますが、では、「変態」に対し「常態」の性やセックス(SEX)とはどういう物でしょうか?

  • 子孫、種の維持のための生殖行為
  • 男性器と女性器を結合し各々がオルガスムスに達する

正常(ノーマル)な性の定義としては恐らく、上の2つになるでしょう。

しかし、現代の性の世界ではセックスの前戯として言葉による刺激、性器へのペッティング、フェラティオ(口淫)などの行為が行われるのは普通(ノーマルセックス)の範囲です。

また、世の中の人のほとんどの人が、言葉に出して言えないような淫らで卑猥な空想や妄想を頭の中で繰り広げ、自慰(オナニー)を行った経験があるはずです。

恐らくあなた自身も身に覚えがあるはずです。

夫や恋人がバイブを使ってみたい。 1度だけでも縛ってエッチさせて欲しいと言い出したなど、配偶者や彼が実は変態なのではないかと心配する女性がいますが、 性交の一つの刺激として縛る、鞭で叩くなどの「ソフトSM」的行為やアブノーマルな行為を好む傾向があっても、やや危ない兆候ではありますが性交(セックス)を目的としていれば、すぐにアブノーマル(異常、変態)というわけではありません。

また、アブノーマルセックスや変態的な行為に少なからず興味があるというのも正常の範囲だと思います。

簡単に言えば、あなたの夫や彼氏、家族、近隣の住人、職場の上司や部下・・・そしてあなたの友人の女性、あなた自身にもある程度のアブノーマル性や変態性はあるものです。

危険視すべき本当の意味でのアブノーマルな性嗜好(異常、変態)は、性交以外の行為や目的によって強い性的興奮や絶頂(オルガスム)を得る。
 あるいは理性で抑えられないほど、病的にそれを求めてしまっていて自制できないレベルの人です。

榊保三郎博士は「性欲研究と精神分析学」の著の中でアブーノーマル(異常性欲)を次のように分類しています。

  1. 性器による性交以外、性感帯以外で性的満足を得る
  2. 肛門交、口淫、尿道淫、擦淫、自慰など
  3. 性欲の対象に対して間接行為のみで性的満足を得る
  4. SM、フェチ、視姦、露出、加虐、被虐、スカトロジーなど
  5. 性的対象を取り違えて性的満足を得る
  6. 同性愛、若少愛、獣姦、近親姦、老齢愛、屍好症、乱交、スワッピングなど

こうしたアブノーマル因子は誰の心にも潜んでいますが、多くの人は無意識のうちに危険な因子を抑制、 社会常識の中で抑圧し理性の力で心の奥深くに埋没させて普通の人の顔をしているに過ぎないのです。

無意識下に埋没させたアブノーマルな性の願望や衝動は、時をかけて発酵、変化し何かの「きっかけ」があれば「異常」「変態」の世界へ人々を堕していきます。

アブノーマルな自分を理解する

今現在、アブノーマル(異常、変態)な性に悩んでいるあなた自身も、幼少期を含め何かの「きっかけ」によって現在のこだわりに取り憑かれているはずです。

また、偏った衝動やアブノーマルな性癖を持つ場合、境界例(Border line Case)などの精神的疾患が絡むケースもあり、極度に衝動が強く自己コントロールが困難な場合や自分自身の混乱が強い場合は、精神臨床的な見地からの診断や治療が必要なケースもあります。

まずは自己分析と、その心因やきっかけが何であったかを探り、あなた自身が自分のアブノーマル(異常、変態)な性嗜好を理解する事が大切す。

私自身がサイトを運営する中で、マゾヒズムや変態性癖に悩む多くの女性の相談や、 実際のM女性とのSM関係の中で、多くを学んできた経験を踏まえSMに関する心理面を中心とした知識をエッセイとしてまとめました。

SM願望や変態的性嗜好や性癖に苛まれ悩む方の参考になると幸いです。

自分自身や関係者のアブノーマルな性や変態衝動の悩みは、変態相談室で心理面を中心とした相談をお受けしています。

アブノーマルな性心理のエッセイ

以下のメニューからアブノーマルな性心理やSM心理に関するエッセイを選択してください。

※詳細ページへのリンクは、画像を選択し鎖マークのアイコンをクリックしてください。

相談からSMの扉を開いたM女・思い止まったM女【M女のカルテ】

当サイトの相談を通して、SMの世界へ一歩を踏み出した一部のM女の体験調教でのマゾ性の考察と、相談からSMを思い止まれたM女の手記をM女のカルテとして公開しています。 あなたのMやSMの必要性を考える参考にしてください。

M女性のためのSM相談室【M女診察室】

『SM願望やマゾな自分に悩んでいる 』『自分のMのことを詳しく知りたい』『ドMで変態な自分に不安を感じる』『SMの扉を開くか迷っている』など誰にも言えなかったM女性ゆえの願望や悩みの性相談をM女診察室でお受けしています。

M女性にとってのSMのリスク面をM女がSMの扉を開く前に知っておきたいこと、主従関係への想いが強い方にはM女とご主人様の主従関係、処女でSM願望が強い方には処女とSM調教願望、メンヘラでMの自分に悩んでいる方にはメンヘラ女性にM女が多い理由としてエッセイにまとめていますので一読ください。

SM調教・緊縛体験希望の相談【SMの扉】

カルテのM女のように『リアルなSM・緊縛体験を通して自分のMを確認したい』『SMの世界の扉を開き一歩を踏み出したい』と真剣に考えているM女性のSM調教・緊縛体験希望の相談をお受けしています。 不安や怖さから迷っているM女性の質問や相談にも真摯にお答えしています。
また、私自身のSMや調教に関する考え方は、SM調教の哲学と心得に綴っていますので参照ください。

変態相談室

マゾヒズム以外のアブノーマルな性癖に悩んでいる女性や、恋人や配偶者などご自身や関係する人の性嗜好や性癖に悩んでいる方の性の相談を変態相談室でお受けしています。