エネマ・スカトロジーの心理

女性にも少なくない排泄行為や排泄物そのものに性的興奮を覚える性癖

エネマ・スカトロジーの性心理

エネマとスカトロジーの違い

エネマは、元々浣腸そのものを指す言葉で、浣腸等を用いた排泄行為や排泄感覚を性的興奮として嗜好する事を言います。

エネママニアを除き、アナルセックスなどのアブノーマルSEXや、SMにおける浣腸や強制排泄などの多くは、マゾの羞恥心や快楽をあおる手段でありスカトロジーとは異なります。

それに対しスカトロは、尿や大便など排泄物を、見る、嗅ぐ、口にする、塗るなどなど糞尿そのもの、排泄物そのものが性快楽の目的となり手段である場合をスカトロジーといいます。

正常な大人の世界から見た場合、不潔で奇異な嗜好であるスカトロジー(scatology)は、ある意味フェチの一つです。

フランスのルイ14世は、有名な美食家であるとともに猛烈な浣腸マニアであったされています。

毎日必ず浣腸を欠かすことは無かったとされ、当時の貴族社会では、エネマやスカトロを遊戯の一環として楽しんでいたとされる話もあり、王朝貴族が浣腸をされる姿を描いた絵画も数多く残されています。

エネマやスカトロジーに陥る原因

人間、誰しもごく幼い頃は、排泄行為は不潔で汚いものでは無く、口による吸引についで無意識の中ですが排尿と排便の快感や爽快感を感じています。

普通は、大人になるにつれ排泄による爽快感は残りますが性感は性器へ移行集中し、尿道、肛門は、補助的な役目をするだけになります。

と言っても正常な人は、排泄器である肛門(アナル)や尿道を補助的にでも性目的に使用する事は少ないわけですが...

元々、幼少時に快楽を得られた場所であり、肛門や尿道は大人になっても繰り返し性的な刺激を与えれば性器以上の性感帯にもなり得るのです。

興味のある方は、SEXの途中に肛門や尿道を軽く触って見るといいと思います。 また、小学生くらいまでは、異性の排泄行為を見てみたいという願望は特に異常な事ではなく、誰もが一度は思った心当たりがあると思います。

ある社会的に地位の高い男性は、幼少時ふざけていて顔に少女の臀部が乗った時の残尿の臭気に快感を覚えそれ以来、また女性に跨ってもらいたい、女性に尿をかけてもらいたいという長年に渡る連想が大人になって醗酵しスカトロへの道を辿らせたケース。

怪我で入院し自力排便が行えない状態のため入院先で毎日のようにカテーテルや浣腸で強制排泄をさせられ、しまいには快感を得るまでに至ってしまい退院してからもそのままスカトロに陥ったという話もあります。

このように排泄行為を見た、見られた、快感を得た、見たい、尿をかけてもらいたいなどの願望や妄想が払拭できず、長い年月をかけて心の中で発酵し、そしてマゾの被虐願望や、サドの加虐願望、露出願望などと融合して抜け出しがたいエネマやスカトロへの世界へ堕ちていくのです。

女性にも少なくないエネマやスカトロマニア

実はエネママニアやスカトロジーは、汚いものを男性よりも嫌う傾向が強い女性にも意外に少なくないのです。

興味半分でSM関係を持ったサディストに、浣腸され洗面器に強制排泄させられた、自分の排泄物を全身にかけられその臭気と糞尿に塗れた自らの姿が、普段の美しい自分との乖離感や失望感、堕落感がマゾ的資質と結合し、スカトロの虜になった美人のマゾ女性。

クリトリスへの刺激ではもの足らず、尿道オナニーが癖になってしまった女性。

便秘と称し日々浣腸による排泄快楽を楽しんでいる浣腸やエネママニアの女性。

エネマ嗜好が発展し、アナルにいかに太いものを入れられるようになるかに執着し、肛虐の快楽と共に腕を飲み込むまで拡張される事を夢見るマゾ女性。

いつかアナルや尿道を弄ばれる願望を抱え、排泄器でのオナニーがエスカレートし、スカトロジーに発展する資質を持っている女性は意外に少なくありません。

当サイトの相談には、看護師のM性の女性からの相談が多いのですが、看護師は仕事の中で浣腸を扱い、他人の排泄をコントロールする機会があるわけですが、看護師の女性の相談の多くのケースでは問診票のチェックに浣腸やアナルなどの嗜好性にチェックが付いている事から、仕事の中で患者に行う作業が自身のM性やアブノーマル嗜好に何らかの影響を受けているのかと考察しています。

私への過去の相談も男性では比較的理知的で社会的地位のある方、M女性の場合もM女のカルテに掲載しているアナルマゾだった女子大学院生のように環境的にも容姿的にも恵まれ、普段だとエネマやスカトロとまったく縁がないような女性が、アナルやエネマ系の嗜好性が強いマゾヒズムだったりするケースを多く感じます。

また、マゾヒズムにアナル系の願望が絡んだM女は、極めてマゾヒズムや変態性が強いケースが顕著です。

普段演じなければならない自分自身の鎧が重いせいか、エネマによる強制排泄やアナル陵辱による恥辱感の大きさや、スカトロという非日常の世界の中で排泄物に塗れ人間以下の存在となる事で逆に精神的な解放や安堵を得られるのかも知れません。

私自身もアナルやエネマはSM嗜好のカバー範囲ではあります。
アナル調教における強い恥辱感や屈辱感、抗いながらも肛虐の快楽に飲み込まれていくM女の姿には興奮を感じますが、スカトロジーまでに至るとさすがに許容の範囲を超えます。 スカトロジーにおいては、SMの世界でも特殊な嗜好性のためパートナーを見つけるのはなかなか困難かも知れません。

また、プレイを行う場合、エネマや尿道開発、スカトロに関しては、医学的、衛生的なリスクも多く、十分な知識と行為後のケアや衛生処置を気を付ける必要があります。

相談からSMの扉を開いたM女・思い止まったM女【M女のカルテ】

当サイトの相談を通して、SMの世界へ一歩を踏み出した一部のM女の体験調教でのマゾ性の考察と、相談からSMを思い止まれたM女の手記をM女のカルテとして公開しています。 あなたのMやSMの必要性を考える参考にしてください。

M女性のためのSM相談室【M女診察室】

『SM願望やマゾな自分に悩んでいる 』『自分のMのことを詳しく知りたい』『ドMで変態な自分に不安を感じる』『SMの扉を開くか迷っている』など誰にも言えなかったM女性ゆえの願望や悩みの性相談をM女診察室でお受けしています。

M女性にとってのSMのリスク面をM女がSMの扉を開く前に知っておきたいこと、主従関係への想いが強い方にはM女とご主人様の主従関係、処女でSM願望が強い方には処女とSM調教願望、メンヘラでMの自分に悩んでいる方にはメンヘラ女性にM女が多い理由としてエッセイにまとめていますので一読ください。

SM調教・緊縛体験希望の相談【SMの扉】

カルテのM女のように『リアルなSM・緊縛体験を通して自分のMを確認したい』『SMの世界の扉を開き一歩を踏み出したい』と真剣に考えているM女性のSM調教・緊縛体験希望の相談をお受けしています。不安や怖さから迷っている方の相談にも真摯に対応しています。
また、私自身のSMや調教に関する考え方は、SM調教の哲学と心得に綴っていますので参照ください。

その他のアブノーマルな性心理やSM心理に関するエッセイ

※詳細ページへのリンクは、画像を選択し鎖マークのアイコンをクリックしてください。