HOME > M女調教の記録と手記 > ひきこもり処女の調教

ひきこもり処女の体験調教

ひきこもり処女の調教体験談

心の救いをSMに求めた真性M女 Nさん(20歳)

Nさんの処女調教の経緯とM女診断

 思春期の挫折や、繊細な心からメンタル的な要因の心身の疾患を患っている。 家庭環境によるものかAC(アダルトチルドレン)的要素も見え隠れする。

 過去に心身の不調からの不登校からひきこもりという経緯があり、清純タイプで非常にスタイルも良くAKBなどのアイドルにも声がかかりそうな可愛い子なのだが、恋愛でのセックス経験はおろかキスの経験もない生粋の「処女」である。

 幼少時から自身のマゾ的願望を強く意識していた上、虐めの経験もあり不登校、ひきこもりによるに孤独感から心の苦悩も深く、私に相談を投げかけた時は興味本位のSM体験希望や調教依頼というより、処女喪失の覚悟はもとより人として女性として、M女として人生を賭けた心からの助けを請う叫びに近い状況であった。

 身体的な病状やメンタルの状況、ひきこもりの処女である複雑な経緯もあり、初対面ではSMやSEXなどの性行為はしない約束の中で調教道具を持たず会って話をするだけとした。

 手を差し伸べる人が誰もいない彼女の環境や、自暴自棄的だった心の状況、幼少からの強いSM願望、マゾ性を考えると処女ではあるが、ひきこもりの状況から一歩を進ませるきっかけとしてもSMの扉を開かせる事は最善と判断。 次回から調教を行う事としたが本人の強い希望もあり初対面の当日にSMではなく女となる処女喪失の儀式を行った。

 セックスはおろかキスの経験も一切ない生粋の処女調教ではあったがマゾ性はすぐに開花。 誰もがM女とは想像もできない清楚なお嬢様タイプだが、処女調教にもかかわらずスパンキングや蝋燭の熱さ、乳首針貫通などの苦痛やクスコや浣腸責めなどの強い羞恥も快楽に昇華。 口で精を受けても美味しいと自らねだり、2穴を含めて全ての穴を性器として受け入れる類希なSMへの反応はマゾとなるべくして生まれた「真性マゾ」である。

 その後は、継続しての調教や生活指導などのアドバイスやフォローを行う中で心の殻も解き放たれ、ひきこもりからも徐々に脱出。 心身の状態も徐々に安定しアルバイトで少しずつ収入も得られるようになり社会的にも女性としても少しずつでも前を向いて歩めるようになったのは私にとっても大きな喜びでもある。

■M女DATA

Age:20フリーター(ひきこもり)処女Tall:165cmB:93cm(F)W:59cmH:88cm
後ろ手緊縛で吊り乳首責め
緊縛が似合う美しい肢体

モデル並みにスタイルが良く緊縛姿が非常に美しい。 処女であり異性の愛撫も知らずに来た美しく豊かなバストに麻縄と洗濯バサミの苦痛が襲う。

緊縛片足吊り乳首責め
処女を乳房縛りして赤蝋責め
SMによって解放される心

乳房縛りによって迫り出した美しいバストを赤蝋が彩る。 私はバストへの責めに強いこだわりを持っておりSとしての会心の美しい情景である。 悲願であったSMを知る事により自由を奪われるが、閉ざして来た心は解放され、本当の自分自身と心が安堵できる居場所を感じている。

乳房縛り乳房蝋燭責め
処女を緊縛しバイブ責め
M女として完璧に近い素材

調教する事で心と身体が解き放たれ、表情も身体の艶も激変して行く。 処女調教ではあるが心の有り様、全てを受け入れる肢体、強い羞恥や苦痛を快楽に昇華させる事ができる完全なマゾである。 処女からの調教であるが、数度目の調教で女性としての絶頂も覚え、調教の中でも日に何度もホテル全体に響き渡るほどのアクメの声を上げながら大きくのけ反り逝く姿は正に真性マゾそのものである。

緊縛ギャグボールバイブ固定
乳首針貫通責め
強い苦痛も自ら欲する

両乳首の針貫通での緊縛凌辱。 ある程度調教が進んだM女でもハードルが高く恐怖に顔を歪め受け入れる事も容易では無いが、処女からM女へ変わったばかりにも関わらず、乳首やラビアなどへの針貫通の苦痛、鞭による激しい苦痛みも自ら欲し快楽に昇華する。 拷問的なSMや調教への羨望を含め幼少の頃にも自ら針を自慰に使っていた事もあり、針貫通や医療機器を使った身体の内部に対する責めには強い反応を示す。

緊縛乳首針貫通

 カルテのM女のように強い被虐願望やマゾヒズム、消えない願望とSMへの不安の間で悩んでいるM女性は、M女診察室-SMの扉からご相談ください。