内気な24歳処女OLの調教

内気な性格で異性恐怖症も持つ処女の真性M女 OLIさん(24歳)

Iさんの処女調教の経緯と体験調教カルテ

 幼少から強いM性を自覚し、レディコミなどの「SM」ものを好んで読むような思春期だったとの事である。

 性格的にも雰囲気的にもどうみても内向的なタイプで、メイドコスプレやコミックスを好む萌え系の女性である。

 24歳という年齢ではあるが、過去から異性に抵抗が強く男性恐怖症に近い。

 内気な性格から、学生時代、社会に出てOLとなった今も、男性とのお付き合いの経験もなく処女である。

 非常に強いドMな性質やSM願望を、幼少からずっと心の奥に秘めてきたようであるが、緊縛願望や調教願望が限界に至った感じでの相談である。

 年齢的にも「Mの自分」「女性としての自分」もこのままではいけないと考え、自分を変えたい気持ちから、処女ではあったが勇気を振り絞り、調教希望の相談のメールを送ってきたとの事である。

 処女調教の希望に対しては、出来れば健全な恋愛の中でのノーマルなSEXでの処女喪失をと薦めるのが通例であるが、内気な性格、男性恐怖などから、普通の恋愛によるセックスの機会を得ての処女喪失は相当に難しそうである。

 思春期からの強い調教願望や、自覚しているマゾヒズムの強さもあり、調教体験の中で女性としての処女喪失と、M女として悲願の調教を体験をするという機会を得る事で、内向的な自分や異性への恐怖心を拭い去り、人生においての新たな自分を見出すきっかけにしたいとの本人の強い希望であった。

 SM体験と処女喪失を自分にとって必要な前向きな機会として考えており、彼女自身の今後にとっても良い方向性へのきっかけになる可能性が高いと私も判断し、処女ではあるが調教の希望を請ける事にした。

 処女調教では、緊縛での反応を見ながら処女喪失の儀式に多くの時間を費やす事になるの通例だが、痛みも少なく比較的短時間で男性器を受け入れる事ができた。

 そのため、初日でもある程度調教を進める事ができたが、写真に収めていなかったのが残念だが、処女にもかかわらず立位緊縛での蝋燭と鞭によるスパンキングで「気持ちいい」を連呼し絶頂を得るなど、処女調教としては稀なマゾ資質を見せた。

 体験調教の中での処女喪失であり、女性器はまだ蕾のため絶頂を得るには至らなかったが、女性としてもM女としても新たな自分の予兆は十分に感じ取れた。

 調教を継続すれば、間違いなく相当に強いマゾ資質が開花するであろう真性と思われるM女である。

M女プロフィール
職業:OL(24歳)
159cm/B:88cm(D)W:60cm/H:87cm
背景:幼少から強いMを自覚、男性恐怖と内向性から処女
処女のOLが三つ指挨拶
マゾの作法も独学で学んできている
調教内容:正座三つ指挨拶

 指示をしていないのに自ら着衣を脱ぎ、下着状態で三つ指をつき、「ご存分に調教をお願い致します。」と頭を下げる。

 強いM女願望のためか、同人誌などで目に焼き付いたのか、処女にもかかわらず「マゾ」としての作法も物真似ながら学んで実践しようとしている。

処女のOLを拘束し乳首責め
性奴隷タイプのM女
調教内容:緊縛 | 首輪 | 乳首枷 | 手枷

乳首枷をしての緊縛。 首輪が良く似合うメイド系の性奴隷タイプである。

 顔を背け恥ずかしがりながらも女性自身からは湿った熱い吐息を漏らしている。

処女のOLの乳首に洗濯バサミ
処女にもかかわらず苦痛も快楽に
調教内容:緊縛 | 乳首洗濯バサミ

処女調教であるか否かに関わらず、初回の調教で苦痛の伴う調教内容で快感を感じるケースは少ないが、洗濯バサミでの乳首への苦痛も「気持ちいい」と快楽に感じるレベルに達している。 身体の感覚より幼少から心の奥に刻み込んできたマゾへの憧れの強さゆえか・・・

処女のOLの緊縛調教
処女のため異性には身を固くする
調教内容:緊縛 | 乳首枷

マゾとしての資質、自己努力の甲斐もあり多くの責めを受け入れるが、処女のため異性への免疫はできておらずまだ近づくだけで顔を伏せ身体を固くする。

M女の願望と悩みの相談・マゾ診断【M女相談室】

「SMや緊縛への興味が頭から離れない」「自分は本当にマゾなのか確認したい」「強いマゾヒズムや被虐願望に悩んでいる」「SMに興味は強いが不安や怖さで迷っている」などSMやマゾヒズムに関する願望の告白や悩みの性と心の相談は、【M女相談室】からご相談ください。

SMの世界への扉【SM調教・緊縛体験の相談】

SMや緊縛への願望やマゾヒズムに苛まれ「縛られたい…調教されたい」想いが消えない、SMの世界へ一歩を踏み出したいM女性は【SM調教・緊縛体験希望の相談】からご相談ください。

また、私自身のSMや調教に関する考え方は、【SM調教の哲学と心得】に綴っていますので参照ください。