SMの扉-Dejavu『もう一人の自分』について

SM願望やアブノーマル性癖に悩んでいる女性へ
alt

 SやMなどの言葉としての一般化やソフトSMなど快楽としてのアブノーマルセックスの一般化により自称SやM、変態が増え世の中にアブノーマルな性が氾濫しています。

 タレントの杉本彩さん、小向美奈子さんが『花と蛇』シリーズに主演したり、最近では、壇蜜が『私の奴隷になりなさい』や『甘い鞭』などのSMテーマの映画に出演し普通の女性にも話題になったり、海外でも昔から『O嬢の物語』や『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』などのBDSM(SM)の主従契約を結ぶという内容の恋愛小説をテーマにした映画が世界的にも興行的にヒットするなど、SMは一般化しつつあります。
 かくいう私自身も長年、サディズムにとらわれている1人です。

  • アブノーマルSEXに興味があり変態か不安
  • 淫らな妄想がいつも頭の中に渦巻いている
  • 緊縛やSM調教への興味が頭から離れない
  • マゾな自分の願望を抑えるのが苦しい
  • 強い被虐願望やマゾヒズムに苦悩している
  • 願望は強いが不安や怖さで迷っている
  • SMの扉を開き真剣に一歩を踏み出したい

 一度火がついたアブノーマルな性の世界への興味や好奇心は、理性で蓋をしようとしても頭の中から葬り去ることは難しいものです。

 心の奥の淫らな願望を誰にも言えず1人悶々としている。 SMや緊縛への興味が頭から離れず日常生活にも影響が出ている。 本当は変態でエロいのに澄ました顔で良い娘や優等生、常識的な人間を演じている。 サドやマゾ、露出、フェチなどの自覚があり、自分は変態かも知れないと自己嫌悪に苛まれたり、将来に不安を感じる。 そういう悩みや危険を抱えてる女性は年齢を問わず大勢います。

 中には、学校や職場、家庭や恋愛など日常の生活にも支障がでるような苦悩に発展したり、性的コンプレックスやトラウマなど心の傷がアブノーマルな性衝動が結びつき自虐や自傷などにエスカレートするなどの危険に陥っている方もいます。

 私は以前、有名女性誌にも紹介され会員数千名のSMコミュニティーサイトを運営していました。

 会員が自分の想像を超えて増加する中で、未成年のSM初心者M女が、自分のSM嗜好も相手の嗜好もわからないまま単にSとMでチャットで話が合ったというだけで安易に関係を持ちその後ストーカーに発展したり、幼少の子どもを持つ主婦が自身のM性をコントロールできず何人ものS男性と関係を持ち、大切な家族や家庭を失うなどの事態が発生、性的リスクの高いM女性の危険の温床になる事を嫌い、多くの良識ある会員や自身のM性を他で開放できないM女性に惜しまれながらもサイトを閉鎖した経験を持っています。

 SMの扉-Dejavuは、性的刺激としてSM調教画像や動画を公開したり、多くのS男性サイトのような、「SMのすばらしさや悦びを教えます」などのSM賛辞をひけらかし、安易にSMや調教行為を薦めるためのサイトとは少し主旨が異なります。

 あなた自身の心の奥にあるアブノーマルな性衝動や願望を自覚するに至った過去からの経緯や心因を探り、SMへの興味、マゾヒズム、異常性欲などの性嗜好や、性的コンプレックスやトラウマなど心理面を考察する中で、あなた自身が自分の性癖や性嗜好をより深く理解頂くと共に、私自身の経験と今までご相談を頂いた多くの方の事例などを参考に、心理面や知識面を中心にアドバイスを行いながら、あなたにとっての最善な扉の選択をお手伝いをする事を目的にしています。

  • アブノーマルな強い性欲や性衝動、SM願望や強いマゾヒズムに悩んでいる…
  • 本当にマゾなのか自分のMの資質を確認したい…
  • SMや調教、緊縛などへの興味がどうしても頭の中から払拭できない…
  • SMに強い興味があるが不安や怖さから迷っている…
  • SMの世界の扉を開き真剣に一歩を踏み出したい…

 など、ご自身のSM願望やアブノーマルな性癖に対して真面目に答えを探しているような方がご利用ください。

 管理人である私自身も幼少の頃から芽生えたS的性嗜好に悩み自問した日々を送りました。 あなたも記憶をさかのぼるとどこかで必ず自分の性的嗜好の心因や原因となっている経験や物事などの心当りがあると思います。

 このサイトの内容がアブノーマルな性衝動を自覚する方、コントロールし難い異常性欲に苦悩している人たちにとって自らの性を理解するため多少でも役に立てればと思っています。

 タイトル「SMの扉-Dejavu」は、心の奥のもう一人の自分Dejavu(既視感)として感じ、自分の性癖や性嗜好を理解するサポートを行い、今後のご自身にとっての最善な扉を選択して頂きたいとの思いから名づけました。

 私自身はサディスト(S男性)ではありますが、SMやアブノーマルな性の世界を無条件に肯定する者ではありません。

 むしろ可能であればノーマルな性の中で普通の幸せを掴まれる事が誰にとっても最善と考えています。

 しかし、この世界が本当に必要な人間にとっては、罪悪感や多くのリスクを抱えてもやむを得ず足を踏み入れざるを得ない世界である事は事実です。

 あなたは原因や心因を知る事でノーマルな性を取り戻す事が出来るかもしれませんが、もしかすると私やこのサイトで紹介したM女たちと同じように、これからSMの世界の扉を開き一歩を踏み出す事になるのかも知れません・・・

Dejavu~もう一人の自分~ 管理人R