緊縛に使う麻縄について

緊縛用麻縄
緊縛用麻縄

 私は初心者や肌が弱いM女の緊縛には赤色のナイロン縄を使うケースもあるが私自身は、視覚的美しさ、縛る側の精神的な興奮、縛られる側の肌触り、拘束感においても最も優れているためやはり緊縛には麻縄を用いる事が多い。

 私の場合は、全身用は10m(太さ8mmと5mm)、各部位の緊縛および補助縄は5m(太さ5mm)の麻縄を用いています。 緊縛縄は、2つ折にして用いますが麻縄は自然素材で繊維が硬く伸縮性がほとんどないため、擦過傷やあまり強く縛りすぎると血流を止め、鬱血し身体的な危険に陥られせる事もあります。
 手首や足首、腋や腿の付け根などの関節稼動部の緊縛は特に注意をし、緊縛した状態で身体と縄の間に指が1~2本は入る程度の余裕を持たせて緊縛し、解く時の事も頭に入れて縛ります。

 麻縄は自然素材で購入したばかりで硬いため沸騰したお湯で煮て灰汁だし処理を行い、乾燥させ最後にベビーオイルなどの油分を軽く染み込ませ処理を行って使用します。 写真の右の2本は購入したての麻縄で、左側は既に処理をし使用している縄です。

 処理をし緊縛を重ねる事でM女の身体の汗や油分を吸ってさらにしっくりした縄に変化していきます。