クスコ・内視具

クスコ・内視具
クスコ・内視具

 クスコは、(腟鏡)は、産科学で、女性の膣腔内に挿入し開大して膣腔を検診するため、また、膣、子宮内の医療措置、膣式手術に使われる医療器具の総称です。

 女性器を開大して膣内を露わにしての羞恥責めや、何より冷たい金属器具を自身の内部に挿入される独特な感覚や被虐感は、マゾヒズムを昂らせるものです。

 下は膣用クスコ。 膣を開きマグライトで膣内の愛液の分泌などを内診し揶揄したり、クスコにローターを当てると振動が膣まで伝わるなどの責めに使えます。

 上は肛門用のクスコになります。 挿入時の冷たい感触と見た目ハードSM的なイメージはありますが拡張と共に内臓まで露呈する羞恥を煽るためには有効なアイテムです。

 耳鼻科で用いる鼻鏡(びきょう)や額帯鏡(がくたいきょう)、舌圧子(ぜつあつし)などの医療小道具の多くは、SMの責め具として使えます。