首輪・手足枷・ギャグボール

首輪・手足枷・ギャグボール
首輪・手足枷・ギャグボール

ソフトSMのプレイにおいてM女(マゾ)の被虐感を煽る手段として主に利用します。

首輪はなぜか赤の革を使う事を私自身は好みます。 首輪、目隠し、手枷、足枷、手錠(固いので私は使いません)などで手足の自由を軽く奪った上での責めは、経験の浅いM女には通常のSEXでは得られない性的興奮を与えます。
また、猿轡の代用としてギャグボールを用いると、話ができない恐怖(そんな事はありませんが)、口を閉められない事により涎を垂らす結果となり、さらに被虐感とSM的な雰囲気作りには有効です。