SMと調教の美学

私自身のSMや調教に対する考え方や美学

美学や哲学などと言うほどのものではないですが、M女の女性としてMとしての本音の相談を受けたり、調教の希望を頂くケースもあり、私自身の「SM」や「調教」に対する考え方も少し綴っておきたいと思います。

SMに興味の無いノーマルな性の方にはそう見えても仕方がありませんが、SMの世界に身を投じた人たちの中にもSMというと「SMプレイ」や、いわゆる「調教」を行う事が目的と思っている方は少なくないと思います。

また、SもMも自身のSM嗜好や望むSMプレイや調教から快楽を求める意識は強いですが、自身が相手のSM嗜好や求めるものにどう応えられるのかという意識を持つ人は結構少ないと思います。

SMにおける目的は、S(サディスト)とM(マゾヒスト)が共に、お互いの特殊な性嗜好を相互補完し悦びを享受するための手段としてSMや調教という行為は行うものになります。

理想的には、SもMも50:50でお互いがSMから得る悦びを得られる愛情のある関係だと考えています。

「SMプレイ」と「調教」の違い

目に映る行為は、SMプレイと調教は同じように見えるかも知れません。

SMプレイは、自分のSM嗜好や興味が合致するSとMが、例えばテニスクラブで自分と同じくらいのレベルの相手を探し練習試合を楽しむのに近い、ワンショット(1回)のSM行為というイメージで捉えて頂くのが良いかと思います。

そういう意味では、SもMも自分主体で自分のやりたいSMプレイを自分のやりたい相手と実行するのというのが目的になります。

男性の場合は、SMクラブに行って対価を支払う中で、好みの相手と自身の希望する「Sプレイ」、「Mプレイ」を楽しむ事ができますが、これもSMプレイという概念に近い楽しみ方だと思います。

対して調教は、Sが計画的に時間をかけてMを継続して自身の好みのMや奴隷に開発、あるいは成長させる行為を言います。

Mが調教を受ける相手は、基本手には固定の1人(主従関係でのご主人様)の形態になります。

私自身も体験調教を通して1度限りのSMプレイ的な形態の調教を行うケースはありますが、あくまでも初心者のM女のM資質の確認と、リアルなSMを通して今後のM女としての方向性を見極める事が目的です。

また、希望や嗜好、相性から主従関係に発展するM女もいますので、お互いを判断するための初回の調教という一面もあります。

「調教」には多くの知識やM女への配慮が必要

躰も心も準備が整っていない初心者のM女に、俺様主義でいきなりハードな調教を行うのは無謀な暴力以外の何物でもありません。

例えば、わかりやすいので例にしますが処女のM女を調教する場合、いきなり女性器にバイブを挿入して「どうだ!気持ちいいだろう!」などと言う事はありません。

縄の拘束や、肌への麻縄の当たり、拘束での反応を見るために軽い緊縛は含めますが、指を使いながら丹念に愛撫を行い、反応を確認しながら徐々に女性器を指で解し、愛液が十分に溢れるのを待ち、指を1本ずつ挿入し痛みや違和感が強ければ途中で止め、膣への指の挿入の感覚に慣れるのを待つなど時間をかけます。

たまに男性器を柔軟に受け入れられ調教が進むケースのM女もいますが、多くの処女のケースでは、5~6時間を使い軽いソフトSMレベルでのM的な反応の確認と、女性器が男性器を受け入れられるという所までが初回調教の限界になります。

羞恥、苦痛、アナルやエネマなどの医療系プレイにしても、初心者のM女にいきなりS男性の行いたいSMプレイを行うのは、調教ではなく独り善がりな暴力です。

緊縛は、SMにおいて基本のような所がありますが、事故につながれば命の危険もあります。

縛り方、M女の体型や体質にもよりますが、緊縛によって血流が滞ればチアノーゼや手足の冷感、眩暈など体調の急激な変化が発生する事もあり、M女の状態を見ながら適切なタイミングで縄を解き休息時間を作る事も必要です。

また、過度な乳首責めによる乳腺炎、鞭でのスパンキング、蝋燭プレイによる裂傷や火傷、浣腸などの医療行為によって急激な体調不良などの可能性もあり調教を主導するSは、多くの知識や技術、衛生管理と共にMに対する配慮や洞察が必要になります。

高いハードルの「調教」には心の繋がりが必要

調教は、元々馬や動物など本来の野生では人間の言う事を聞かない動物に対して、人間の指示や期待通りに動く事を教え込むための訓練行為を指します。

SMでも同じで、Mが持っている資質を開花させ、Sが期待と共にお互いで悦びを享受できる心身へ導くための手段が調教になります。

心身へ導くための手段が調教と書きましたが、一般的にSMでは行為として見える「身」の部分だけに目が行きがちですが、M女の資質を開花させ、Sが望むようなM女に覚醒させるためには、「心」が重要です。

SMには信頼関係が大切と良く言いますが、動物の調教でも同じですが時間をかけ、心の繋がりと信頼関係が出来てこそ、飴と鞭での厳しい調教も受け入れられ、徐々に高いハードルも越えられるようになるのです。

そういう意味では、電話で話したり、メールのやりとり、食事をするなどの何気ない時間やコミュニケーションもSMであり、調教はお互いの悦びを大きくするための訓練という事になります。

また、【マゾの心理】や【メンヘラ女性とSM願望の関係】にも記しましたが、強い被虐願望やマゾヒズムの背景や心因には、家庭環境、孤独感や寂しさ、コンプレックスや性的トラウマなど、心の問題や精神面が深く関係しています。

SMにおいて信頼関係が重要という事は良く言われる事ですが、お互いを信頼し本当の意味での主従関係(詳しくは、【M女と主従関係】に記してます)を作るには、M女のメンタルや心理面を含めて受け入れ、支える覚悟が必要になります。

M女を思いやり、M女が愛情や愛着を注がれている事を感じ、特別で絶対的な存在として安心できるようになって初めて心の鎧を脱ぎ、Mの自分をご主人様に委ねたいという気持ちになれるものです。

俺様主義のサディストを羨望し、雌豚や奴隷としての調教行為だけを望み信頼関係などどうでも良いというM女もいますが、当たり前ですが難易度が高いハードな調教になればなるほ危険性は高くなります。

身動きできない生身の自分をサディストに預ける事になるSMには、多くのリスクや危険が隣り合わせだという事を十分認識はされた方が良いでしょう。

私のSM感や求めるもの

サディストの中には、恐怖に歪むM女の顔や震える声が興奮を駆り立てるという人も多いかも知れません。&nsbp;私自身も過去にはそういう時期もありましたし、時折M女が見せるそうした情景に強い興奮を感じる事もあります。

愛情をかけられ調教をされたM女には、自身の事を理解し自分のMを委ねられるご主人様がいる心の幸せや、安心感や心の居場所を背景としたSMの中で魅せる恍惚感やエロスには、特別なものがあります。

サディストの心理にも書きましたが、私自身が調教を行う場合、相手のM女が最も被虐的に美しく映る責めを行いたいという心理が強く働き、その調教の中でM女が快楽に堕ちてく姿を非常に好みます。

拘束され身動きができない中で、あるM女は羞恥…、あるM女は苦痛…、あるM女はアナルやエネマ…私の調教によりM女の躰と心が開かれていき、やがてマゾや被虐の快楽が理性や自制心、羞恥心を飲み込み、M女の全身を駆け巡り、汗と体液、痙攣と絶叫と共に何度も絶頂を迎え果てて行く…。

そういうSMには、M女が心の居場所と感じられるだけの心の繋がりや信頼関係が必要になります。 それは私自身においても心の居場所でもあるのだと思います。

私の調教用具の紹介と「調教」時の心得

私自身が実際に用いてる調教用具(経年劣化や破損などにより最新のものと異なる場合があります)とその特徴や扱い方、調教時の心得などを紹介します。 私自身は、M女のSM願望の強さ、マゾ資質、体質、SM嗜好により使い分けをしています。

Sの方で考え方が共有できる方は、「SMプレイ」時の参考に、Mの方はご自身のSM願望、被虐嗜好として、どこまでの「調教」なら許容できるかなど自身のM性を考える参考にしてください。

緊縛用麻縄・革拘束具

緊縛用の麻縄の長さや太さ手入れ方法、革拘束具・ボンテージとの調教時の使い分けなどの紹介。

バイブ・ローター・ディルド

女性器やクリトリスの調教に用いるバイブ・ローター・ディルドや使い分けの仕方などの紹介。

首輪・枷・その他の責め具

首輪や枷など調教の雰囲気を演出する用具や鞭や蝋燭、局部の責めに使うボディクリップなどの紹介。

クスコ・アナル調教具

クスコなどの医療器具も調教で用います、アナル調教具はアナル性感を開発させるためには必須のアイテムです。

浣腸・カテーテル・医薬品

浣腸やカテーテルなどアナルやエネマ系の調教で利用するアイテムや調教では必須な医薬品。

体験緊縛・体験調教の相談

SMの世界の扉を開き一歩踏み出したい初心者M女の緊縛体験や調教希望の相談。

真剣にSMの世界への扉を開く事を考えていて、リアルな緊縛や調教体験を通して自身のマゾ資質の確認をしたいM女性は、緊縛体験・調教相談からご相談ください。